レーザー彫刻

レーザー彫刻機は
下地が金属の場合は彫刻が可能です

彫刻とは言っても
昔からの彫刻刀で彫るという感じの仕上がりとは違います

レーザー彫刻機が非謀体下地の金属に反応して表面の塗装とかメッキを剥がして下地の色を見せるというものです

そのモノの下地が真鍮であれば金色に仕上がり
下地がアルミであれば仕上がりは銀色になるという仕組みです

表面処理のない金属へのレーザー彫刻の場合は 
レーザーの照射で出たうすいこげ茶色が照射を重ねることでその色が増してより濃い色に仕上ります

結果的に金属を焦がすという仕組みです

レーザー彫刻の難点は
彫刻した場合の仕上がりの色は選択できなくてそのものの下地の色そのものであるということです